新着順:8941/9959 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ジョスランの子守歌 二番

 投稿者:山口謠司  投稿日:2010年 9月23日(木)14時16分4秒
  通報
  mokki様
御過分のご紹介、誠にありがとうございます。
さて、「ジョスランの子守唄」の二番が見つかりましたので訳しました。
また投稿させて頂きます。


Sous l'aile du Seigneur, loin du bruit de la foule
Et comme un flot sacr qui doucement s'coule,
Nous avons vu passer les jours aprs les jours
Sans jamais nous lasser d'implorer son secours !
Oh ! Ne t'veille pas encor
Pour qu'un bel ange de ton rve
En droulant son long fil d'or
Enfant, permette qu'il s'achve.
Dors ! Dors ! le jour  peine a lui !
Vierge sainte, veillez sur lui !


神の安らぎのもと、雑踏の騒がしさから離れて
まるで聖なるしずくがゆっくりと流れるように
私たちは毎日を過ごした
助けを冀【こいねが】うこともなく
あぁ、まだ起こさないでくれ
君の夢の中に現れる美しい天使が
長い金の糸を巻き取る間
御子よ、天使がそれを終えるまで
眠れ、眠れ、人生はほんのわずかのこと
マリアよ、人生を見守ってくれ


「夢のまきまき」というのは、「天使が長い金の糸を巻き取る間」というのを近藤朔風は「夢のまきまき」と訳したのでしょうね。

皆様、今後とも何卒ご指導の程、よろしくお願い申し上げます。
 
》記事一覧表示

新着順:8941/9959 《前のページ | 次のページ》
/9959