投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL


ラジエーションハウス

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月15日(土)07時17分53秒
   私信では何人かに伝えていた内容を、もっと早く投稿すればよかったと、後悔しながら公開します。フジテレビ系列のいわゆる「月9(ゲック)」ドラマ『ラジエーションハウス』に関する感想です。

 これは久々のフジのヒット、会心作だと思います。
 このところずっと視聴率競争に敗れっぱなしだった同局が、ドラマ部門だけでなく総合順位でもベストテンに入ったのです。

 じつはこのドラマ、放映前から期待していました。
 それは私の末弟が築地のがんセンターでX線技師長を務めるなど、この世界のことを多少は垣間見ていたからという事情が大きな理由でもありますが、何といっても日進月歩のこの世界の最先端を知ることができるという期待が大きかったからです。

 放映はもう何週にもなっていて、もしかしたら最終回が近いのかもしれませんが、第1回から引き込まれました。
 俗にX線技師と呼ばれますが、病院でのこの技師さんたちは、正しくは「診療放射線技師」と言うのだそうです。先日、弟に聞いたところでは、X線と言っても機械工学や考古学などほかの分野で使われることもあるので、医療診断に関わる技師は診療放射線技師と呼ぶのだそうです。

 この診療放射線技師の主人公が、じつは大変優秀な放射線科医師でもあるのですが、その医師資格を、とある事情によって隠したまま、一介の放射線技師として病院に勤めています。その彼の眼には、ドラマ上の曲折推移があった後、ほかの技師や医師に見えないものが見えてきます。
 その医学的ドラマが、大変説得力に富んでいて興味をそそられるのです。

 詳しく書くと長くなりますので、またの機会にしたいと思いますが、先日、このドラマのことを聞きたくて、藤沢の病院に出張勤務で来た弟と一杯やりました。
 まあ、ドラマはあくまでもフィクションであり、どうかと思う場面はかなり多いと言いますが、しかしよく描けていることは確かだと認めていました。

 そんなことを言うと、もっと詳しく言わなければわからない、と言われそうですが、ほんと長くなるので、ぜひ来週月曜日のドラマを見てください。
 人の命を預かる医師たちの緊張感に満ちた仕事の後ろで、それを支える放射線技師たちの知られざるプロの技に、必ずや舌を巻かれると思います。

 

ペダルの見張り番

 投稿者:terra  投稿日:2019年 6月14日(金)08時21分18秒
   小池都知事は急発進防止装置の取り付けに,9割の補助金を出すと明言。
にわかに信じ難いし、年齢対象も気になる。おいらはもともと人生と同じ、ゆっくりペース。

 しかし、年齢が都の補助金の対象になるといいのけどね。
  なぬ? 80歳以上?
 

恥を忍んで

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月13日(木)22時51分44秒
編集済
   こうまで高齢者の運転事故が増えると、皆さまにもご注意召されよという意味で、私自身の恥を告白しないわけにはいかないでしょう。

 私は、ほんとにクルマ大好き人間でした。
 まだ運転免許を取ってなかったころから、車のメカに興味があり、なんと、マージャンを知らずに『五味マージャン教室』(カッパブックス、五味康祐著)の手伝いをしたのと同じ無謀さで、『初歩・自動車工学』『運転秘訣集』(いずれもカッパブックス、樋口健治著)を作りました。これぞまさに〝無免許運転〟です。

 念願の免許を取ってからは、仲間と遊びに出かけるときは大抵、自分で運転を引き受けました。三五会のゴルフ会のときも進んでアッシー君を務め、同乗の姫の出発が遅れたために、スタートに間に合わそうと飛ばしてひっかかった速度違反の罰金も自分で払いました。

 今は亡きはりまの shioz さんの案内で関西旅行をしたときも、レンタカーの運転を引き受けたのはよかったのですが、慣れない大きな車だったためボディに傷をつけ、同行の男性諸氏に修繕代を分担していただいたのは申し訳ないことでした。

 さて、ここからが本題です。
 免許返納のためではなく、もっぱら車検などの維持費や税負担が重く感じられるようになってレンタカー生活になってほどなく、娘夫婦と孫を田舎に連れていくためレンタカーを借りました。

 そして、借りだした直後、一人で娘の家の近くにコイン駐車をしようとしました。
 バックして車を所定の位置に入れるため、体を右に捻って後ろを見ます。若いころは体が柔らかかったので別に何の問題もなかったのですが、年を取ると体が硬くなって、右にひねった体と同時に足が右にずれやすくなります。
 このときの私が、まさにこれだったようです。

 体を右にひねったとたん、ブレーキ上に置いたつもりの右足が右にずれて、ブレーキからアクセルにかかってしまっていたようです。
 これぞまさに、今よく言うところの「ブレーキとアクセルの踏み違え」です。これを私は去年、現実にやってしまっていたのです。

 結果、車はバックで駐車スペースの縁石に乗り上げ、その後ろのガードパイプにバンパーが激突。あまり目立つ傷ではなかったので、レンタカー会社に返すときまでは黙っていようと思ったのですが、さすがに婿はしばらく走ってから、コンビニで買い物をしたとき、妻や娘には内緒で私にそっと言いました。
「おとうさん、もしかしてちょっと後ろのバンパーやった?」

 虫の知らせか、レンタカー会社で借りるとき、今までは入ったことがなかった保険に入っていたので、修繕代はかかりませんでした。
 しかし、しかしです、もしバックしたところに人でもいたらと思うとゾッとして、もうあれから運転は婿に任せっばなしです。
 毎日の高齢者事故ニュースが他人ごとでないことを、恥をさらしてお伝えしました。

 とくに、まだまだ車なしでは不便を感じざるを得ない、活動量の多い田舎の皆さんをはじめとする愛車家の皆さん ほんと、ぜひぜひ、くれぐれもお気を付けくださいね。

 

揚羽蝶の幼虫

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 6月13日(木)20時02分41秒
  蝶々は何匹も飛来しているのに、今年の幼虫はこれ一匹
それも、どこかに移動してしまった。
 

ニッポン チャチャチャ

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 6月10日(月)16時34分18秒
  日本のことをどうしてジャパンと呼ぶのかという事について、以前どっかのブログに書いた記憶があります。
マルコポーロが書いたことがその基であるということが言われるが、マルコ・ポーロ自身が実際には日本に訪れたことは無いという説もある。
彼は、中国で伝え聞いた話をもとに日本を「ジパング」と紹介したのだというのである。
彼は「にっぽん」「にほん」ではなく、中国語の「日本」(当時の発音では諸説あが、「ジーペン」のように読まれていた。)というのが有力な説となるようです。
「ジーペン」が由来なら「ジパング」という表現も納得できます。

抜粋すると、以上のような内容でありました。前段は、中国をシナと呼んで何故悪い?ということでありました。
AAも、史典さんのレジュメ読んでみたいです。
 

いいですねー、この感じ

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月10日(月)09時17分48秒
編集済
   この掲示板を開いていて、ときどき「いいなー。この感じ」と思うことがあります。今回の「ヤモリ談義」などその最たるものでしょう。

 日野爺さんちに珍客再来したヤモリちゃんに始まって、柏雀さんがたまたまタマ2つの名誉にかけた武勇伝、そしてこれまた珍しいAAさんちのネズミ糞の謎を、ヤモリ卵の物証で解いて見せた博識の塗装職人さんのお話……。

 いやー、いずれも心楽しく読ませていただき、殺伐とした仕事社会ですり減った心身の養生をさせていただきました。どうもありがとう。

 そしてもひとつ柏雀さんからの、林史典筑波大名誉教授のお話。
 じつは、これ聞きたかったんですよね。まえに柏雀さんからチラシを見せてもらい、二三日前に、ふと、あれいつだったかなーと、思い返していたのですが、そうですか、もう終わったんですね。
 ではすみませんが、そのレジュメを見せていただけませんか? 写メでもいいですが、FAXなら0466-52-5829でお願いできればありがたく存じます。
 
 

やさしい色をしたヤモリ

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 6月 9日(日)20時34分59秒
  ヤモリはイモリに似ているが、イモリのような毒々しい色はしていません。
身体は柔らかくて、少し外から力が加わるだけで千切れてしまいます。

ベランダのクーラー室外機の下の隙間に、ネズミの糞が目立ったことがありました。
ネズミの餌になるようなものはないので面妖な?と思いつつ、庭の野ネズミでも侵入したかと、仕方なく清掃をしていたわけです。
たまたま、ベランダの防水を兼ねた塗り替え業者の職人が来ていたのでそんな話をしたところ、お宅にはヤモリが出ることはありませんか?と聞かれた。
時々窓の外で這いまわっているのを見ることはあるけど、と答えたら、「きっと近くにヤモリが卵を産み付けているんじゃないでしょうか。それを食べにネズミがやってきているのだと思います。」と言って、外壁のまわりを探してくれました。
白い小さな欠片が散らかっているのを見つけ、これが食べられた後の卵のカスですと教えてくれました。
博学な塗装職人さんでした。
それからしばらくは、ヤモリを見かけることがなかったのですが、つい先日、夜の窓辺にへばりついているのを見て、なんかほっとしました。

柏雀さんではないけれど、当家の庭にもそろそろトカゲだかカナヘビだかがチョロチョロ出没する時季です。
カナヘビを見ると縁起がいいといいますが、ヤツラはすばしっこいから、捕まるようなヘマはしません。
勿論、こちらにも捕まえる気はありませんが。
 

ヤモリ

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 6月 9日(日)16時24分47秒
編集済
   夏になると柏雀んちのあたりにもヤモリがでます。

 数年前のこと、隣の奥さんがキャーと大声をあげて家から飛び出してきました。(この話、前にもかいたかな?)

 こちらも何事かと駆け寄り事情を聞いたら、台所に大きなヤモリがいるので何とかしてくれとのこと。

 柏雀も、大声では言えないが、あの類の生き物はあまり好きではない。

 しかし、老いさらばえたとはいえタマを二つぶら下げているからには捨ててもおけず、台所に飛び込んだら、でっかいヤモリが台所の流しに居座っていた。

 それを素手で摘まんでビニール袋に入れ、新聞紙で厳重に包んでごみ箱に捨てて「もう大丈夫ですよ」といって帰ってきたが、いまから考えると、ヤモリにはかわいそうなことをしたなと・・・。

 ところで、うちの庭にはトカゲがいます。温かくなってくると姿を見せます。毎年見ていると、情が移るというのか、かわいいもんです。そして、秋が深くなっても庭でちょろちょろしているのを見ると、「早く冬ごもりの準備をせえよ」なんて声をかけたくなるから不思議です。


 

がんばれニホン??がんばれニッポン!!

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 6月 9日(日)15時34分25秒
   昨夕、飯田高校同窓会常磐支部の総会が柏駅西口の中国料理店でおこなわれ、その席で林史典筑波大名誉教授による「がんばれニホン??がんばれニッポン!!」と題する講演がありました。

 講演の内容は、下記の通り。

 1.ニホンとニッポン

 2.国名の法律的根拠

 3.国名「日本」の起源

  (1)外国(中国)から呼んだ国名

  (2)自ら称した国名

 4.中国語音の歴史的変化と「日本」

 5.ニッポンからニホンへ


 会場で配布されたレジュメ(A4で2枚)が手元にありますが、ご希望の方にはお送りしますのでご連絡ください。
 

半夏生

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 6月 9日(日)11時49分37秒
  ハンゲシヤウ カシワノサトノ ワビズマヒ  

懐かしいカラオケ

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 8日(土)18時07分32秒
   昔、レーザーディスク・カラオケで初めて採点機能というのが付いたとき、東京・本郷のカラオケスナック店長が、100点を出した客には、ウイスキーボトルを進呈というのがありました。

 なかなかこれは難しくて、とくに当時のカラオケに圧倒的だった演歌の類では、80点出すのも難儀でした。
 その中で、わずかに収録されている童謡・唱歌の1曲に「牧場の朝」があったのです。
 この歌は、ただでさえ音程やリズムがはっきりしている童謡・唱歌一般の中でも、とりわけ音程やリズムが取りやすい曲だと思います。したがって、カラオケの採点でも高得点が出る可能性が高かったのです。

 そこにじつは吾輩は目を付けまして、しかも生来備わった音感の良さ(??)でみごと100点を取ってしまったのでした。
 これに味を占めて、まぐれだと言って謙遜しておき、たびたび挑戦しました。毎度というわけにはいきませんが、マスターのいない日など、初めてのような顔をして都合3回くらいはボトルをせしめたことを思い出します。

 最近の採点システムは複雑かつ高度で、めったにこんな高得点は出ませんが、ネットを駆使した全国順位という採点方式では、ときどきみんながめったに歌わない歌を歌って「1位取った!1位取った!」と自慢できることがあるくらいかな?

 田舎の弟など、石原裕次郎が珍しくNHKの「みんなのうた」で歌った「パパと歩こう」という歌で、連続全国1位を取っています。そのときのカラオケ画面をスマホで送ってくれました。
 私も古い歌で、松島詩子の和製シャンソン「喫茶店の片隅で」を歌って一度だけ全国1位を取ったことがあります。

 ただしこの話にはオチがあって、画面に出る「1位」の表示の下に小さく「分母」が出るんですね。つまり何人中の何位って……。私の場合、正直に白状すると「2人中」でした。お粗末様。弟の場合は……、彼の名誉のため内緒にしておきます。

 

「牧場の朝」違う伴奏

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 7日(金)21時54分1秒
   今、合唱団の練習で聞いている「牧場の朝」の伴奏は、私にとっては新しいものでした。子どものころ、学校でこの曲を教わったときの伴奏は、多分、その後、カラオケでもよく歌ってきたものと同じで、下のダークダックス版で聞くことができます。
 ↓
 https://www.youtube.com/watch?v=ip-KmDmpnYg

 今の練習で弾いてもらっている伴奏はなかなか凝っていて、前奏のスタートは角笛を連想させる音型がいくつか続いて牧場の雰囲気を出し、そのあとアルべジオ2小節で、歌い出しにいざなってくれます。
 youtube で探したら、やはりこの伴奏での合唱がありました。
 ↓これです。
 https://www.youtube.com/watch?v=7X3RVka1fQw

 

珍客再来

 投稿者:日野爺  投稿日:2019年 6月 7日(金)21時38分12秒
  去年9月に会って以来久しぶりに本日珍客が再来、かわいいヤモリちゃんです。
ヤモリは「家守」と書き家にとっては縁起のよいもの、 また、会えると幸運をもたらすともいわれ何かいいことありそな予感が……
                           (20:48    ISO 6400、 F5.6    1/15)
 

その人の名は?

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 5日(水)08時43分50秒
編集済
   コーメイさん、ほんとに不思議なめぐりあわせってあるもんなんですね。驚きました。
 コーメイさんが書かれたペギー葉山の「南国土佐を後にして」を世に出したNHKプロデューサーのことは、おととし発刊されたの門田隆将著『奇跡の歌 戦争と望郷とペギー葉山』(小学館刊)に詳しく書かれているようです。

 その内容のダイジェストとも言える文章が、同書著者の門田氏によって、ネットに掲載されていました。
 ↓こちらをどうぞ。
 https://news.goo.ne.jp/article/postseven/trend/postseven-602385.html

 本の書名になった「奇跡の歌」とはもちろん「南国土佐……」のことですが、この歌は高知出身の兵隊に歌い継がれていた「南国節」というのが原型だそうです。
 最初、この歌の魅力に取りつかれた、やはり高知出身の作曲家武政英策氏が、現在歌われている歌詞と曲に直して何人かの歌手に歌わせたのですが、有名にはならなかったそうです。

 以下、門田氏の文章の引用に、コーメイさんゆかりのプロデューサーの名まえが出てきます。

 ――転機が訪れたのは、昭和33年12月、NHK高知放送局の開局記念として、人気番組「歌の広場」が高知で公開放送されることになった折である。「歌の広場」のプロデューサー妻城良夫(つまぎ よしお)さんは、この曲に目をつけ、しかも、ジャズ歌手として頭角を現わしていた25歳のペギー葉山さんに歌わせようと考えた。

 民謡調とも言える『南国土佐──』をジャズ歌手に歌わせるという発想は、妻城さん自身の経歴も関係している。青年時代にオペラ歌手を目指した妻城さんは専門的な声楽の知識がある。戦争から九死に一生を得て帰還した後、NHKの音楽プロデューサーとなった妻城さんには、『南国土佐──』を聴いた瞬間、「この曲はペギーのアルトだ。これをペギー節で歌えば、必ず“爆発”する」と考えたのだ。妻城さんには、ペギーさんのアルトによって表現される『南国土佐――』がいかに人々の心を捉えるか、手に取るようにわかっていた。

 しかし、ペギーさんはこの曲を歌うことに納得しなかった。民謡調の曲を歌えば、ジャズ歌手としての自分のイメージが崩れるからだ。頑強に抵抗するペギーさんと妻城さんの攻防が始まる。妻城さんは何度断わられてもあきらめなかった。出演のためにペギーさんがNHKにやって来る度に説得を続けた。――

 この執念がやっと通じて、あの大ヒット曲が生まれたということです。

 しかし、コーメイさんは、この歌とのご縁と言い、「小さな木の実」の作詞者との関係と言い、そしてそして小松帯刀研究の原口先生とのご縁など、ほんとにご縁に恵まれた人だなーと、しかもそれがほとんど奥方関係であること、まこと感服すること頻りです。



 

電話機

 投稿者:コーメイ  投稿日:2019年 6月 4日(火)22時21分7秒
   3年程前、ファックスの調子が悪く、電話機を取り替えた。ナンバーディスプレイに加え、連絡先に登録していると、送受信の際、「○△ □×さん」と音声も発する。

 登録していないと駄目だが、非通知は、表示とともに、音声でも、「ヒツウチ」という。この場合、電話には出ないことにしている。

 昨年、浴室のリニューアルで、初めて我が家を訪れた、若い女性担当者が、部屋に入った途端、電話が鳴り、「○△ □×さん」というのを聞いて、彼女「あら、私の叔母と同性同名だわ!」という。

 「○△ □×さん」は神さんの友達で、この方の父親は、NHKのディレクターだった。ペギー葉山さんを説得して、「南国土佐を後にして」の大ヒットに貢献した方である。電話のやり取りなどで、彼女の叔母さんと同一人物であることが判明した。世の中、奇遇というか不思議なことがあるもんです。

 今日、その女性担当者が、久し振りに挨拶に来てくれ、そんなエピソードを思い出した。

 

タウベルト3番

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 4日(火)13時27分40秒
   幅先生の協力で、「タウベルトの子守歌」の原詩3番を訳してみました。
 内容は、やはり家の外の動物たちのこと、
「ニワトリさんが卵を産む場所を探しているのに、犬や猫がうろついて邪魔している、暖かい卵を産みたいのに、どこか寝床があるといいのにね。でも、坊やには、こんなふかふかのベッドあるんだよ。さあおやすみなさい」
 といった趣旨でしょうか。


Bettchen schön und nett,
Schlaf' im schönen Bett;
Hühnchen sucht bei Scheun' und Stall,
Sucht im Hof und überall,
Bald muß Katz' und Hund sich regen,
Kann das warme Ei nicht legen;
Wenn's doch so ein Lager hätt',
Kind, ein weiches Bett.

きれいで可愛いちっちゃなベッド、
おやすみきれいなベッドで。
にわとりさんは納屋や小屋のあたりで探している、
探している、中庭あたりそこらじゅう。
でもじきに猫と犬がうろつきまわり、
にわとりさんは暖かな卵を産めないわ。
どこか寝床がみつかればいいのにね。
坊や、ふかふかのベッドだよ

 柏雀さんをはじめ、皆さんから思わぬいろいろな情報をいただきありがとうございました。

 もう一つだけ、これもよく言われることではあるのですが、今度は「シューベルトの子守歌」の2番です。
 1番で、Schlafe, schlafe, holder,süßer Knabe, とある冒頭が、
 2番では、Schlafe, schlafe, in dem süßen Grave, と来るんですね。

   Grave ってお墓でしょう。それ以外のいい意味があるんでしょうか。
 いくら1番の Knabe と脚韻合わせをしたといっても、そこに静かに横たわっている、しかも墓は墓でも、süßen Grave なので「甘美な墓」ということになります。甘美な墓に眠るなんて、死の世界を賛美して、まるでわが子の死を願っているようで穏やかではありません。

 可愛いわが子が縁起でもない……、と調べてみたら、じつはこの詩は、亡くなった幼子を悼む歌だったという説明が出てきました。だとしたら、わが子の元気な成長を願い、健康で安らかな眠りにいざなうために歌う「普通の子守歌」には不適切でしょう。
 まあ、日本語の歌詞は、そんな縁起でもない意味にはなっていないのでいいのですが……。

 

金森山のアジサイ

 投稿者:terra  投稿日:2019年 6月 4日(火)10時47分7秒
   来年の花芽は、花の二節下の両芽の下で咲きます。大きくなったからと言って、枝の途中とか、下から切っても花は咲きません。(切るなら花だけ)
したがってアジサイの木はどんどん大きくなり、根も、どんどん地中深く潜行していきます。

 金森山の本日のテーマは、【衣食足りて礼節を知る】であります、どうぞ。
 

柏葉紫陽花

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 6月 4日(火)08時24分52秒
  七変化 練馬の里の 侘び住まい
 

アジサイ

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 6月 3日(月)15時19分6秒
  アジサイヤ カシワノサトノ ワビズマイ  

イオン化傾向

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 6月 3日(月)13時12分24秒
  紫陽花からしようか?で思い出すのが、貸そうか。
イオン化傾向の覚え方の語呂合わせというのがありました。
貸そうかな、まああてにすんな、ひどすぎる借金. 貸そう(K). か(Ca). な(Na) 、. 、. ま(Mg). あ(Al). あ(Zn). て(Fe). に(Ni). すん(Sn). な(Pb). 、. ひ(H). ど(Cu). す(Hg). ぎる(Ag). 借(Pt). 金(Au).

木器さんの十八番「またあの庭の」は、座りが良い。
似たものとして「根岸の里のわび住まい」というのがあります。
上の句の5文字のあとにつけると、俳句ができてしまう。
五月雨や 根岸の里の侘び住まい
 

しつこいの大歓迎

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 3日(月)11時28分35秒
   柏雀さん、おもろいです。どうぞ、しつこくやってください。
 これって、熊本大学の研究論文に載っていたんですね。

 まあ、時代が時代(明治41年刊『日英唱歌集』第1集所載「眠れる子」)とはいえ、このまま歌ったら、ある意味、仰るように大うけするかもですね。すべてこのころの歌というのは、教育的意図を含んでいて、修身教科書風になっていた、それがいい影響を与えたかそうでなかったかはともかくとして……。
 今度の合唱練習のとき、皆さんにご披露していただいたら面白いと思います。

 じつは私のほうでも、しつこいようですが「教えて!goo」への質問投稿に応答があって、もう一つの日本語訳は依然として不明なのですが、原文に関しては、先日載せた全4番ではなく、あそこにはなかった3番があることがわかりました。
 それと、歌われている独語詩は、原作を作曲者タウベルトによって何か所か改作されています。
 世の中にはいるんですね、こうしたことをよくご存じの人が……。

 その回答を次に引用します。古い楽譜も参考になりますので、どうぞご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Wilhelm Taubert (1811~1891)作曲の「11の歌曲」作品27 の第5曲「子守歌」(Wiegenslied)でしょうか。
 オリジナルのドイツ語の歌詞であればこちらにあります。
 作者はヨハン・シュテファン・シュッツェ(Johann Stephen Schütze:1771 - 1839) のようです。
 ↓
 オリジナルの詩
 http://www.lieder.net/lieder/get_text.html?TextI

 楽譜はこちら
 ↓
 http://conquest.imslp.info/files/imglnks/usimg/a

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 でもやはり私の知っていた歌詞は、どこからきたのか。「yahoo!知恵袋」も「教えて!goo」もダメでしたから、なんかすっきりしません。


 

怖い悲しい「守子」歌

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 3日(月)11時24分13秒
   そうですか、コーメイさんのオカリナが、オカシーナから成長してオカリーナになり、ついにれっきとしたオカリナになった第一歩が、「竹田の子守歌」だったんですね。

 そしておっしゃるように、この子守歌にも「謎」がある、しかも「タウベルトの…」の原詩ほか外国の子守歌にあるような怖い雰囲気とまた違って、子守をする子「守子」の嘆きを歌った悲しい歌だった、ということのようですね。

 ということは、やはり terra さんなどもおっしゃっていた、子守歌と言うより「守子」歌と言ったほうがいいんでしょう。となると、赤ん坊を寝かしつけるのには、必ずしも適した歌ではないような気もします。

 でも、幅さんがおっしゃるように、「家の外にはこわいものがいるから、お利口さんにして早く寝ないと怖いものがやってくるよ、といったたぐいの表現」の延長上にあって、「早く寝ないとおねえちゃんが困る、悲しい」とある意味では、脅したり懇願したりしているのかもしれません。

 そしてもっと言えば、こうして守子が、自分の辛さ、悲しさを歌にして表出することで、心のバランスを取り、安らげることができた、それによって負われた子にも守子のその安らぎが伝わったと見れば、大きな意味で「子守歌」になっていたのかもしれないと思うのですが、いかがでしょうか。

 
 

一株でもいっぱいの花

 投稿者:terra  投稿日:2019年 6月 3日(月)10時31分56秒
編集済
   モウ6月、播磨の塩澤君が逝って早 … … 。
塩澤君からいただいた種,今年も大蛇イチゴの花が咲きました!

 そうそう、アジサイの根は,びっくり仰天、地中深くなります。
後で困らないように盆栽などが亥亥ね。
そんなことで特にアジサイは、よその花を見るに限るね。
 

何か、しようか?

 投稿者:木器  投稿日:2019年 6月 2日(日)17時09分29秒
編集済
   これは先ほど、毎月初めに各方面いろいろな方々にお送りしている「壁紙カレンダー通信」でお送りしたので、ご覧になっている方は無視してください。と打ったら「くダサイ」と出たので、こういうのは「ダサイ」のだと、これ以上は控えることにします。

 もう6月に入ってしまいました。
 相変わらずあわただしく過ごしていて、この壁紙カレンダーどころか、トイレの目の前に掛けてある24節72候のカレンダーも5月のままでした。

 6月に入ると途端に「あじさい」です。
「紫陽花」と書くので、何かをしようとするときの合言葉として、「あじさいどう?」つまり「しようか?」と聞いたりしたゆかしい昔の人もいたとか。
 何をするかは人それぞれ、いろいろですよね。
 ま、「色々」とそちらの方面を考える人もいるでしょうが……。

 毎年このころになると、「あ、咲き出した!」と目に留まるある家のガクアジサイがあります。
 下の写真の一枚目ですが、毎年、よそ様の花で季節の到来を楽しませていただいています。

「また一年またあの家のガクアジサイ」

 これはどんな花にも言えるのですが、その家に住んでいる人は、毎日お庭を見ているので、さほどその変化に驚かないのかもしれません。
 私どものように家に庭がなくて、たまにその家のそばを通ると、「あ、咲き出した!」とうれしい衝撃を受けるのです。

 とくに春が来たばかりの、花の饗宴の先ぶれであるハクモクレンなどは、その驚きも大きくて、まさにまた一年が過ぎたのだなあという感慨も一入です。で、懲りずに何度目か、

「また一年またあの家のハクモクレン」

 となるわけですが、今年は心の余裕がなくてハクモクレンの写真は撮り逃しました。

 仕事のほうでは大仕事が進行中ですが、これは10月までかかるでしょう。
 そのほかにも何点か進行中ですが、なかなか形になりません。
 その中で、突然のようにいただいた仕事が、日本文芸社さんの「眠れなくなるほど面白い図解」シリーズです。

 まずは第一弾の『図解 科学捜査』~証拠は語る!〝真実〟へ導く!~
 が発売されました。
 沢口靖子さんがニコリともしないで「これは事件よ!」と叫ぶ『科捜研の女』など、科学捜査をテーマにしたドラマも少なくありません。
 まあ、その捜査技術の進歩のすさまじさといったらありません。
 そのすべてが図解でスラスラわかっていく、これは驚きの一冊になりました。

 引き続き、何回読んでもわからない難解な「病理学」についても、先日校了になりましたので、ほどなく刊行になります。
 どうぞ頭の隅っこにでもおいていただき、書店に行った際には、お手に取っていただければ幸いです。

『図解 科学捜査』については、出版社の担当者が書いた紹介文がありますので、以下、ぜひご覧ください。

 「法科学」とは、犯罪における問題を〝科学と技術〟に基づき研究し、解決する学問であり、
 日本有数の民間科学鑑定機関が「法科学鑑定研究所」。その代表を務めるのが監修者の山崎
 氏です。法科研は、警察組織(鑑識・科捜研・科警研)からの鑑定・協力依頼も多く、その
 功績を讃え、幾度も表彰されています。また、『Mr.BRAIN』、『相棒』『ガリレオ』『絶対
 零度』『アンナチュラル』『トレース~科学捜査の男~』などの人気テレビドラマや映画の
 科学捜査指導や監修も担当し、広く活躍されています。その知識と経験、また多くの資料を
 提供いただき、本書はとてもわかりやすく、興味深い本になっています。


 

子守りっこ

 投稿者:terra  投稿日:2019年 6月 1日(土)18時06分27秒
   お久しぶりです。

 『守子』は標準語。ドラマ『おしん』などで出てきた『子守りっこ』は、最後に『こ』をつける東北方面独特の言い回しでしょう。
 これを関東で使うと、どこか小馬鹿に聞こえてくるように思えます。

 平岩レポートによると,今果樹農家は摘果作業や、消毒とか多忙な時期だそうですす。しかし、
 ブルーベリーは一般に、摘果もなければ、消毒も必要ありません。自然に任すがままです。

  収穫は来月。自然に任すがままで…。

 

タウベルトの子守歌

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 6月 1日(土)10時50分31秒
編集済
   ちょっとしつこいですが・・・

 知人が、こんな歌詞もあると教えてくれました。

 第一章

 父の膝
 おごそかに
 慈愛(めぐみ)の山は
 夢にも高し
 未明(まだき)に起き出で
 いざ、いざ、いざ、学ばむ (「いざ」が一つ多いのではないかな?)
 理想(おもい)は高し
 父の膝

 第二章

 母の膝
 おだやかに
 慈愛(めぐみ)の海は
 夢にも深し
 未明(まだき)に起き出で
 いざ、いざ、学ばむ
 希望(のぞみ)は深し
 母の膝

 第三章

 親の恩
 夢の間も
 山よりたかく
 海よりふかし
 未明(まだき)に起き出で
 いざ、いざ、報いむ
 現に夢に
 親の恩

 みなさん、一度、この歌詞でお歌いになられては? おお受けするんじゃないかとおもいますが。

 下記の225ページもご参照ください。

 http://reposit.lib.kumamoto-u.ac.jp/bitstream/2298/17757/1/KJ0059_213-237.pdf
 

クイモンと言へば

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 5月31日(金)20時29分17秒
  昭和天皇の顰に倣ったわけではないが、AAも食べ物に旨い不味いは基本的には言わない。
それでも、旨くないものを食べたことがないわけではない。
さる滝の近くに寂れた佇まいの食堂があった。
時分時を少し過ぎていたとはいえ、客が入っていなかった。
注文を取りに来た婆さんに「蕎麦と饂飩のどちらが美味しいの?」と聞いたところ、
どちらも旨いという。
愚かな質問をしたものである。そう答えるに決まっている。
「じゃあ、両方ちょうだい」と頼んだのだけれど、これは木器さんではないけれど
食べ残してしまった。
以後、その店の前を通ることが度々あったが、二度と寄ったことがない。
 

子守歌

 投稿者:コーメイ  投稿日:2019年 5月31日(金)11時20分1秒
   タウベルトの子守歌は、如何にもhato-ujiさん好みのしっとりとした、優しい雰囲気の曲で、ガサツな小生にも、心に響くいい曲だと思います。

 木器さんや柏雀さんの薀蓄で展開する子守歌探索にも興味がつきませんが、ボケ防止で始めたオカリナの教本で、真っ先に挑戦させられた曲が「竹田の子守歌」でした。メロディは実にシンプルですが、歌詞がないので、調べてみると、少し様子が違っていました。子守歌ですから、子供を寝付かせるためのもの、と思いきや、子守をする人のことを歌ったものでした。

 さらに、この歌は、メロディのシンプルさとは異なり、話題性に富んだものでした。

 親元を離れて子守の年季奉公を行う幼い守子の唄で、京都市伏見区竹田地区で採集された民謡・子守歌。今日知られる歌詞とメロディは、原曲から大きな変更が加えられています。1969年(昭和44年)にフォークグループ「赤い鳥」が音楽コンテストで演奏し注目を集めました。歌詞の一例が次のとおりです。

   守りもいやがる 盆から先にゃ   雪もちらつくし 子も泣くし
   盆がきたとて なにうれしかろ   帷子(かたびら)はなし 帯はなし
   この子よう泣く 守りをばいじる  守りも一日 やせるやら
   はよもいきたや この在所(ざいしょ)越えて  むこうに見えるは 親のうち

 童謡『赤とんぼ』の「ねえや」も守子、一般的に「子守唄」というと、母親が赤ちゃんを優しく寝かしつける穏やかな歌や音楽を想像するが、『竹田の子守唄』では、親元を離れて子守奉公(こもりほうこう)を行う幼い守子(もりこ)の辛い心情が描写されています。

 同様に、幼い守子の心情を歌った「子守唄」としては、「おどま盆ぎり盆ぎり」の歌いだしが印象的な『五木の子守唄』や、「ねんねこ しゃっしゃりませ」が歌いだしの『中国地方の子守唄』が有名。

 現在よく歌われる『竹田の子守唄』の歌詞には、現代の歌手らが編曲した際に、五木の子守唄から歌詞を拝借?したことに起因していると考えられ、不自然な点がいくつか見られます。

 ①「盆から先」というと、旧暦のお盆(8月中旬)だとしてもまだ夏真っ盛りの時期で、「雪も  ちらつく」と続けるにはだいぶ季節が離れているという点。確かに、お盆より後なら12月で  も1月でも「盆から先」と言えるが、さすがに夏の終わりから秋をすっ飛ばして雪までいって  しまうのには多少違和感がある。

 ②北海道の旭川などでは、早ければ10月には降雪があることがあるが、『竹田の子守唄』は京  都市伏見区で採譜された民謡。お盆と雪を隣り合わせてしまうのはやはり不自然に感じられ  る。

    その他、詳細は、「竹田の子守唄 歌詞の意味 原曲・元歌」ご参照。
                   ↓
    http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/minyo/takeda-komoriuta.html

 

茅の輪くぐり

 投稿者:柏雀  投稿日:2019年 5月30日(木)20時12分48秒
    散歩コースの西端にあるお諏訪様に、茅の輪が作られていました。

  夏と暮れの二回。

  もうそんな季節なんですね!
 

血となり肉となる

 投稿者:AA3  投稿日:2019年 5月29日(水)19時27分15秒
  木器さんが好きな「こちら熱燗になります」、という具合にはいかなかったようですね。
飯は麺にはなりませぬ。
クイモンの恨みは恐い。

地道に働けばビルが建つ。情報に掉させば流される。意地は通さなくても窮屈だ。とかくこの世は住みにくい。
住みにくさが高じると、どこか安いところへ越したくなる。そしてどこへ越しても住みにくいと悟った頃には、皺が浮かび、慧ができる。

おいと声をかけたが返事がなかった?
イントネーションが大事ですが、
「ワタシコレタノンデナイアルネ。ワタシメンタノンダアルヨ。」と、取り敢えずは言ってみる。
その後は、勿体ないし日中友好のために、木器さんのように食べるのが良さそうです。
ただ、食べ残しちゃなんねえですぜ。
くいもんは、血に働くんですから。
 

/301