teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


温泉もイイワ

 投稿者:EI  投稿日:2017年10月30日(月)22時46分29秒
  ひ~さま いえいえ物知りではないんです。
知らない為に、調べたキーワードがたまたまつながって、面白い事になり
自分でも驚いてしまったという訳です。思いがけない事実や歴史が次々と解り
今の自分の興味はこれなんだ!という、その連鎖を楽しんだところです。

週末、久々に新幹線で紅葉の軽井沢へ。2.3時間ショッピングを楽しみ
バスに揺られ、初雪の残る万座の温泉に浸って来ました。硫黄の温泉も久しぶり!
台風が気になり、次の日13時にはもう帰りの新幹線の中でした~
紅葉の北軽井沢はやっぱり車だったかな~?と思いましたよ~

 
 

シャルロット・べリアン

 投稿者:  ひ~さま  投稿日:2017年10月30日(月)11時39分2秒
編集済
  EIちゃんはなんと物知り、博学なのでしょう!

シャルロット・べリアン初めて知りました。
我々の日常の暮らしに大きな影響を与えてくださったデザイナーなのに・・・・

いろいろ調べて何も知らない自分が恥ずかしくなりました。

落水荘はおぼろげながら頭の隅っこに記憶がありました。

いつもいつも教えていただき感謝です。

そしてそして日本で一番訪れたい”明治村”
いつでも行けるその安易な気持ちが災いしていまだに行っていません。

ツァーいいですね!
吉村和子さんに案内していただきましょう?
 

とよた真帆さん

 投稿者:ひ~さま  投稿日:2017年10月30日(月)11時25分14秒
編集済
   EIちゃんの書き込みをよませていただく ちょっと前偶然にもとよた真帆さんが納棺しの役で出られていたサスペンスを観たばかりでした。

その時故人に着せるきものに袖を通した時のとよたさんの所作の美しさが印象に残っていました。

書き込みをよませていただき、以前とよたさんがきもののデザインのお仕事をされているということ、そのデザイン画を観たことを思い出し 美的センスがあり”美”を取り入れた生活をなさっているという事を感じました。

そしてEIちゃんの~興味を待たない時代には何もかも目に入らない~
という一文に深く同感いたしました。
 

映画

 投稿者:EI  投稿日:2017年10月27日(金)00時09分9秒
編集済
  ひ~さま もう観られました~?私まだです~
そうでしたか、ではお三人様方は実物を目にしておられるのですね。素晴らしい!!
今回の映画には、ふんだんにコルジュビエの作品が出演?されているのだそうです。
出演?されているかどうかわかりませんが、見るだけでも気持ちの良い美しいフォルムの
LC4リラックスチェア寝椅子が、特に気になってる私です。企画展では展示されていましたかしら?

この椅子を最初に目にしたのは2年位前のこと。インテリア雑誌に掲載されていた
感性豊かな女優とよた真帆さんのお部屋にあったのがあの椅子でした。ただただラインが
美しかった。その時は特に誰のお作とも思いませんでしたが、心に残りました。
それにしても、実はあれはコルビジュエ自身のデザインではなく、映画のアイリーンと
同じくやはり女性のシャルロット・ぺリアンという人のものという説?があるそうです。
コルビジュエと相対したアイリーンは才能を消され、シャルロットは生涯良い関係を
結んだようですが、この時代パートナーであっても若かったり女性であることは、
男性優位社会に挑む難しさがあったのですね。コルビジュエ自身素晴らしい建築家・
デザイナーであったことは否めなませんが・・・女性の視点から見ると果たして人間として
如何であったのか疑問に思えてきます。

でもこのシャルロット・ペリアンという女性は日本に縁があるようですね。
1940年ごろに日本国の美術顧問のような形で来日しています。そしてあの柳宗理とも
交流があり、日本で2009年「シャルロット・ペリアン展」など開催しているのですから、
興味を持たない時代には何もかも目に入らないのだということを実感しました。

最近、昔見た映画「摩天楼」を観る機会がありました。
ゲーリー・クーパーふんする建築家の物語でしたが、モデルがフランク・ロイド・ライト
だったなんて知りませんでした。ル・コルジュビエと並んで近代建築の三大巨匠と呼ばれる
建築家なんですよね。日本では、この映画を見て建築家を目指した人がとても多かったそうですね。
映画の中でもモダニズム建築の「落水荘」」をゲーリー・クーパーは建てるのですが、
とても日本的に見えるところがあります。現代建築にわびさびの水の流れを取り込んで
いるように見えるのですから、なんとも面白い。でもそれがいいのですね。帝国ホテルの
ライト館も写真で見るととても日本的。彼が日本文化の影響を受けていることがここでも
伺えますね。
アイリーンの「ヴィラ」とライトの「落水荘」がとても似ていたのは、時代が求めた
モダニズム建築だったからなんでしょうか。ル・コルジュビエとフランク・ロイド・ライト
の生きざまには映画になりうる要素が確かにありました。今となれは両者はとても人間臭い?

しかし、建築というとルネッサンス建築のような古典的な様式が好みの身にとって、
草原様式といわれる帝国ホテルライト館も見たかった建築物ですね。
これはやはり明治村にツアーを組まねばなりませんね~

長くなってしまいました。
 

ル・コルビジェ

 投稿者:ひ~さま  投稿日:2017年10月21日(土)11時58分44秒
編集済
  雨ばかりの毎日、皆さま如何お過ごしですか?

Eiちゃんの情報の広さ、速さ、正確さには学ばせていただく事が多く勉強になります。


「ル・コルビジェとアイリーン 追憶のヴィラ」
是非、是非観たいと思いました。
アイリーンの設計したヴィラ・・・・

上野の西洋美術館が世界遺産にと騒がれていたころ、5~6年前でしょうか?
長嶺さんと上原さんの3人で西洋美術館の企画展(忘れましたが)を観て、常設展の会場へ移動しました。

その時、常設展の会場ではモダニズムの巨匠ル・コルビジェの多数の絵画やインテリアなどの作品が展示されていたのです。
その多彩な沢山の作品を目の当たりにした3人は「えー、コルビジェって建築以外にもこんなにたくさんの作品があったんだ~、知らなかった」「ラッキーだったね」

3人で喜び興奮したことを思い出しました。

素敵な情報ありがとうございました。
 

(無題)

 投稿者:EI  投稿日:2017年10月16日(月)23時14分57秒
  ミニクラス会には出席できずに失礼いたしました。
いつものごとく楽しい会であったご様子  お疲れ様でした。

kAZUちゃん ひ~さま
ボランティアや講演会、見学会とイベントにお元気に出かけられ
秋を満喫しておられ羨ましいですよ~
そぼ降る秋雨に促され 、私の秋はタンスの整理で始まりました。

そしてこれから秋の夜長に思い切り楽しみたい海外TVドラマ。
ひ~さま ご子息さまはシカゴでご活躍なんですね。
シカゴが舞台の「ER」は何度も楽しんだドラマです。
あの始まりの音楽も衝撃的で好きな物語ですよ。
読むのも観るのも北欧のサスペンスものが好きですが、
今人気の「  ファーゴ」は目が離せません。
面白くておかしくて 怖くて おススメですよ~

それから先日公開された、あの「ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ」は
ひ~さま  あのル・コルビュジエの物語ですって!
あまりの巨匠ゆえ、こんな映画になるような人間臭い人であったとは‥‥です。
KAZUちゃん これは劇場で観たい映画です。これもおススメでしょうか?

なんて、内向きの話でした!


 

大人の社会科見学

 投稿者:ひ~さま  投稿日:2017年10月14日(土)09時24分38秒
   先日大人のための社会科見学で南足柄市に2~3年前にできた{アサヒビール)工場に行ってきました。

40分ほどかけてビールの製造工程から箱詰めまでを説明を聞きながら見てまわりました。

お楽しみの試飲で出来立てスーパードライ(よく冷えていました)を頂きました。

あられの小袋をおつまみとして頂きましたが、お料理がないと美味しく飲めない私はグラス一杯飲むのがやっとでした。


遅い夏休みでシカゴに滞在している息子に、その旨をラインで送ったところすぐに「もったいないす(3杯飲めるのに一杯しか飲まないなんて)」
のラインが届きました。

遠く離れたアメリカにいるのにあっという間に会話ができる”ライン”のすごさを感じました。

 

お世話様でした

 投稿者:KAZU  投稿日:2017年10月 5日(木)17時16分51秒
   先日は お世話になりました
おかげさまで 楽しい時間を過ごしました
皆さん それぞれ生き生きと日々過ごしている様子に 元気が出ました

今日は 2ケ月に一度のボランティアに行ってきました
50人程の高齢者のランチサービスです
私はまだ参加して日が浅いので ウロウロしている状態ですが せめて片付にでも役に立ちたいと思っています
でも疲れました
 

貯金より貯筋

 投稿者:ひ~さま  投稿日:2017年 9月25日(月)09時28分32秒
編集済
   22日のあけびの実ランチ会も皆様のご協力により無事に終了いたしました。
ありがとうございました。

この歳になると近くに共に集い、食べ、おしゃべりのできる仲間が数多くいるという”しあわせ”
当たり前ではなく有り難いこととしみじみと思います。

昨日 市の健康フェステバルの諏訪中央病院名誉院長の鎌田實先生の講演に行ってきました。

健康を維持するための下記の5点が印象に残りました。(言い尽くされていますが)
続けることが大切と強調されていました。

1  塩分控え目

2  野菜を多く摂取

3  昔ながらの食事(寒天、凍み豆腐) 諏訪という土地柄でしょうか?

4  早歩き&ゆっくり歩き

5  生きがいを持つ(心の健康)

佐久の土地に減塩の種を蒔き農民の健康改善に尽力した 佐久病院 若槻院長の偉大なご功績が頭をよぎりましたが、時の流れとともに健康維持のためのすそ野が大きく大きく広がっているのを感じました。

運動 ボランティア(他人のお役に立たせて頂くという喜び&生きがい)などなど

皆さま、ご自分のなさっておられる健康法 お続けくださいませ。
 

(無題)

 投稿者:KAZU  投稿日:2017年 9月21日(木)11時10分5秒
   EIちゃん 障子張り頑張りましたね
私は年々 づくなし になり障子もシルバー人材センターの人にお願いしてしまいました
先週は 娘の引っ越しに動員され 4日間も働きました
疲れました
体力無いですね

先日 病気療養中の従姉妹が 病状が落ち着いていたので我が家にやってきました
富士山を眺め 山 山しかない風景の中で3日間過ごして帰ったあと 元気が出て やる気になったと
連絡があり こんな山の中も役に立った!と
ちょっと 明るい気持ちになりました
 

レンタル掲示板
/185