teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


症例3

 投稿者:飯田瀬里香  投稿日:2012年10月20日(土)17時20分27秒 150.7.150.32
返信・引用
  赤血球・Hb低下→貧血
MCV=74fl<80fl・MCH=24.7pg<28pg
→小球性低色素性貧血
BUN/Cr=70.3>10
→腎外性要因による上昇
BUN上昇を認める疾患
→腎疾患・タンパク異化亢進・タンパク摂取量の増加・消化管出血

上記より、BUN上昇を認める疾患で小球性低色素性貧血をきたすのは、消化管出血による鉄欠乏性貧血である
 
 

症例5

 投稿者:さとうあきな  投稿日:2012年10月20日(土)17時20分9秒 150.7.150.32
返信・引用
  病名 溶血性貧血

異常値;RBC↓、Hb↓、網赤血球↑、総ビリルビン↓、LDH↑、BUN↓

考察
RBC (312万/μl)、Hb(9.5g/dl)が基準値を下回っているため、貧血症 を疑う。MCVは正常なので正球性。ただ、WBC、Pltが正常範囲であることから、正球性貧血のWBCが低下する再生不良性貧血、脾機能亢進症、Pltが低下する急性および慢性白血病である可能性は低い(WBCは必ずしも増加するわけではない)。また、網赤血球 は正常より増加していることから赤血球産生能が正常あるいは亢進、網赤血球以降の赤血球分化過程が障害されたと考えられる。
総ビリルビン値が増加していること、直接ビリルビン値が正常であることから間接ビリルビン優位の黄疸が生じていると考えられる。間接型ビリルビン優位の黄疸は末梢血中に放出されたビリルビンが大量に産生され、ビリルビン産生量が肝細胞のビリルビン処理能を上回った結果、間接型ビリルビンが上昇した結果生じる症状である。したがって、以上より溶血性貧血の随伴症候を満たす。
また、肝機能マーカーであるγ‐GTPの値も正常であることから、肝機能低下によるビリルビン高値とは考えにくい。
 AST,ALTに比して単独でLD 上昇がみられることから溶血、悪性腫瘍の可能性が考えられる。TP,ALPが正常であることから悪性腫瘍とは考えにくい。
 血清尿素窒素BUN増加をきたしていること、クレアチニン比 が18.8より、腎性に基礎疾患が生じているとは考えにくい。 後天性溶血性貧血の基礎疾患としては、上述の脾機能亢進症以外では自己免疫性溶血性貧血、不適合輸血、感染症などの後退によるもの、発作性夜間ヘモグロビン症があげられるが、正常値、異常値から基礎疾患の特定には至らなかった。

 

症例7

 投稿者:石川 裕和  投稿日:2012年10月20日(土)08時36分12秒 wb79proxy01.ezweb.ne.jp
返信・引用
  病態・病名クッシング症候群(副腎性)、副腎腺腫

異常値 WBC↑ 総コレステロール↑ 空腹時血糖↑ カリウム↓ ACTH↓

早朝は、ACTHがピークになるはずだが、基準値より低いのはおかしい。これは、コルチゾール分泌過剰における負のヒィードバックによるものと考えられる。血糖やコレステロールが上がっていることから、クッシング症候群と考えられ、このうちACTH値が上がらない、副腎性と思われる。
 

症例2

 投稿者:堀 裕太  投稿日:2012年10月19日(金)22時57分53秒 61-26-169-52.rev.home.ne.jp
返信・引用
  診断 悪性貧血をともなう慢性甲状腺炎(橋本病)

異常低値 RBC, Hb
異常高値 MCV, AST, ALT, TC, TSH

 まずTSH高値より、下垂体の異常、もしくは甲状腺機能低下が疑われる。甲状腺ホルモンなどのデータがないので何とも言えないが、下垂体自身の疾患よりも甲状腺機能低下によるものの方が頻度が高く、またTC高値、AST、ALT高値より甲状腺機能低下症であると思われる。
 次にRBCおよびHbの低値より貧血が疑われ、かつMCV>100、Ht低値(計算)であることから、大球性貧血を疑う。
 甲状腺機能低下症かつ大球性貧血であると考えられるが、慢性甲状腺炎(橋本病)と悪性貧血では共通のものが原因遺伝子として明らかになっていることから、本症例でもっとも可能性が高いと思われるのは悪性貧血をともなう慢性甲状腺炎(橋本病)である。
 

症例4

 投稿者:小林 頂  投稿日:2012年10月19日(金)20時25分51秒 103.198.197.113.dy.bbexcite.jp
返信・引用
  落合さん、フォローありがとうございます

異常値を書いてなかったので;

異常値
WBC↑、AST(GOT)↑、γ-GTP↑、LAP↓、AMY(アミラーゼ)↑、リパーゼ↑、Cr(クレアチニン)↓、CRP(C-反応性蛋白)↑
 

Re: 症例4

 投稿者:落合 成紀  投稿日:2012年10月19日(金)20時11分49秒 p3170-ipbf3808hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.4[元記事へ]

γ-GTPは膵炎でも基準値の2-5倍以上に上昇するってPDのレジメにあるので膵炎で大丈夫だと思います!!
> 病名・病態;アルコール性の急性膵炎
> まず、飲酒歴があることからアルコール性の疾患を疑った。AST、γ-GTPが上昇していることから肝胆道系疾患が疑えたが、ALT、LDH、LAPの上昇が認められないので(特にLAPは肝胆道系疾患で著しく上昇するので)他の疾患を考慮する。WBC、CRPは上昇しているので何かしら炎症が起きているのは明確である。今回注目するのはアミラーゼとリパーゼの上昇である。特にリパーゼは膵臓において組織特異性が高く、リパーゼの上昇より膵臓での炎症が起きていると、ほぼ断定的に診断することができる。飲酒歴と合わせて上記の病態に至った。
 

症例6

 投稿者:落合 成紀  投稿日:2012年10月19日(金)18時16分50秒 p3170-ipbf3808hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp
返信・引用
  診断:心筋梗塞

異常値
AST↑、LDH↑、CK↑↑↑、アルドラーゼ(ALD)↑、Cr↑

AST上昇が見られ、肝疾患の可能性がまず考えられるが、ALTやγ-GTP、総タンパクに異常が見られないことから排除する。ASTは主に心臓、骨格筋、腎臓に多く存在するため、AST上昇はこれらの臓器の損傷を考える。またLDH,CK,ALD,Crの上昇は全て、筋肉組織に豊富に存在する酵素であるため、これらの値の上昇は心筋か骨格筋の損傷であることを示唆する。
CKが2000以上でていることと、今までのデータを加味すると、心筋梗塞か進行性筋ジストロフィーの二つが考えられる。本症例では年齢が40歳であり、あらゆる筋ジストロフィーの型と比べても考えにく(筋ジストロフィーの発症は主に小児で遅くとも30歳までに症状は出ている)。よって心筋梗塞と診断した。ただWBCの上昇が見られないのが疑問ではある。CKの値から広範囲の心筋梗塞で、広範囲であればWBCは上がるはずだからである。よって確定診断にはCRPやCK-MBのデータが必要であると考える。
 

症例1

 投稿者:遠藤浩一  投稿日:2012年10月19日(金)13時51分41秒 EM1-112-235-136.pool.e-mobile.ne.jp
返信・引用
  異常値
BUN↑、Cr ↑↑、UA↑、NA△↓、K↑、P↑、

予想病態
腎不全、高尿酸血症、

血液検査より血液成分と肝機能が正常であり、腎機能に問題がある事が分かる。
中でも、BUNは一般にあまり上昇せず尿細管の障害に糸球体障害が加える事によって上昇する事があるとの事だったので、糸球体濾過能の低下を疑う事ができる。
それに伴う尿量の減少により、尿酸・カリウム・リン酸濃度の上昇が起こり、そして体内水分量の増加でナトリウム濃度が減ったのではと思われる。よって、糸球体障害による腎不全と考えました。
しかし、BUN/Cr比が10を超えて腎外性因子によるものとも考えれるので、高尿酸血症の可能性もあげました。

詳しい問診や診察、エコーなどによって、より正確な病態を把握する必要があると思います。
 

症例4

 投稿者:小林  投稿日:2012年10月19日(金)12時58分17秒 proxy.icc.u-tokai.ac.jp
返信・引用
  病名・病態;アルコール性の急性膵炎
まず、飲酒歴があることからアルコール性の疾患を疑った。AST、γ-GTPが上昇していることから肝胆道系疾患が疑えたが、ALT、LDH、LAPの上昇が認められないので(特にLAPは肝胆道系疾患で著しく上昇するので)他の疾患を考慮する。WBC、CRPは上昇しているので何かしら炎症が起きているのは明確である。今回注目するのはアミラーゼとリパーゼの上昇である。特にリパーゼは膵臓において組織特異性が高く、リパーゼの上昇より膵臓での炎症が起きていると、ほぼ断定的に診断することができる。飲酒歴と合わせて上記の病態に至った。
 

PBL割り振り

 投稿者:落合  投稿日:2012年10月19日(金)00時04分32秒 p3170-ipbf3808hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp
返信・引用
  割り振り書いときます。
症例1:遠藤さん
症例2:堀さん
症例3:飯田さん
症例4:小林さん
症例5:佐藤さん
症例6:落合
症例7:石川先生
 

レンタル掲示板
/2